セレクトフード 静岡の特産品紹介

2009年10月アーカイブ

2009年10月30日 12:22 発信 (管理者より)

徳川家康も源義家も知ってる楠(くすのき)


kusunoki300.jpg浜松駅から北へ約1.5キロ。


浜松市中区八幡町の八幡神社に、樹齢1000年の楠(クスノキ)の大木があります。


地上1.5mでの幹周り約13m、枝張り東西約21m、南北約23m、高さ約15mもあり大きいのですが、

すでに中央部が枯損して、真ん中がほとんど空間になっています。


楠の大木なら、他にもあるし、特に珍しくないのですが、

実は、ここのクスノキ、

徳川家康が武運を祈願したとの伝説があるクスノキなんです。


1572年、徳川家康が武田信玄と戦った三方原の合戦で敗れた時、

武田軍に追われてこの楠の洞穴に潜んだそうです。

その時、楠から瑞雲が立ち上ったことから「雲立の楠」と言われてます。


さらに、

1051年、武勇で名をはせている源八幡太郎義家が、

当八幡神社に参篭のときに、

このくすのきの樹下に旗を立てたとの伝承から「御旗楠」とも

言われてるそうです。


どちらにしても、縁起のよい名前の楠(くすのき)だと思いませんか。

時間があったら是非行ってみてくださいね。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2009年10月29日 10:05 発信 (管理者より)

三ケ日みかん早生(わせ)、そろそろです。

0910mikan300.jpgもうすぐ11月。

そろそろかなぁと思って、一昨日、行ってきました。

そう、三ケ日のみかん畑にです。

ありました。ありました。


よく色付いた「三ケ日みかん(早生)」。

台風の被害もあって、ちょっとキズがついたものも多いのですが、たくさんなってました。


三ヶ日みかん早生(わせ)は、例年なら、11月半ば過ぎからなのですが、

今年は、すでに甘みもあって。。。

ということで、みかん農家の黒柳さんに無理にお願いして、

いつもより半月早い11月7日からお届けできることになりました。


三ケ日みかん早生(わせ)は、他の産地の甘いみかんと違って、程よい酸味があります。

この程よい酸味と、コクのある甘さのバランスが絶妙に取れていておいしいんですよ。

そう、昔懐かしいあの味です。

 

是非、一度お試しくださいね。

【低農薬・有機肥料栽培】静岡浜名湖産
「特撰」黒柳さんちの三ケ日みかん「早生(わせ)」 5kg

| コメント(0) | トラックバック(0)

2009年10月 5日 10:05 発信 (管理者より)

「むかご」も旬に。

mukago300.jpg「むかご」って、ご存知ですか?

 

むかご(零余子)とは、植物の芽の一種。

詳しく言うと、

地上部に生じ、養分を貯蔵して多肉となり、母体から離れて栄養繁殖に役だつ肉芽等のことです。


むかごには、いろいろ種類があるみたいですが、

この自然薯の「むかご」は、葉の付け根に小指の頭ほどの球芽をつけます。

これは静岡県の奥山高原で見つけたもの。

 

むかごを食べたことのない方には、「これ、本当に食べれるの?」と思われがちなのですが、


塩茹でにした後、パラっと塩をかけたり、バターいためにしたり、

また、旬の食材と一緒に炊き込みご飯にしたりすると、素朴な味がして美味なんですよ。


秋の味覚を楽しむのにはもってこいの「旬」の一品。機会があったらぜひどうぞ。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2009年10月 4日 12:22 発信 (管理者より)

自然薯、緑のトンネルに。

jinenjyo300.jpgなんだか、吸い込まれそう・・・。

これ、何だと思います?


正解は、自然薯(じねんじょ)の緑の葉のトンネルです。

そう、とろろ汁とか、とろろ飯で食べるあれです。

栄養があって、美味しいですよね。

場所は、静岡県にある奥山高原。

浜名湖から少し北に入った高原です。


この自然薯の青々としてる葉や茎が枯れると、収穫時期となります。

今、収穫しちゃうと、アクがあったり、粘りが少なかったり、とにかく味が落ちてしまうんだそうです。

収穫がちょっと待ち遠しいですね。


尚、セレクトフードでは、今年も奥山高原の自然薯を発売予定です。

| コメント(0) | トラックバック(0)