セレクトフード 静岡の特産品紹介

2009年10月 5日 10:05 発信 (管理者より)

「むかご」も旬に。

mukago300.jpg「むかご」って、ご存知ですか?

 

むかご(零余子)とは、植物の芽の一種。

詳しく言うと、

地上部に生じ、養分を貯蔵して多肉となり、母体から離れて栄養繁殖に役だつ肉芽等のことです。


むかごには、いろいろ種類があるみたいですが、

この自然薯の「むかご」は、葉の付け根に小指の頭ほどの球芽をつけます。

これは静岡県の奥山高原で見つけたもの。

 

むかごを食べたことのない方には、「これ、本当に食べれるの?」と思われがちなのですが、


塩茹でにした後、パラっと塩をかけたり、バターいためにしたり、

また、旬の食材と一緒に炊き込みご飯にしたりすると、素朴な味がして美味なんですよ。


秋の味覚を楽しむのにはもってこいの「旬」の一品。機会があったらぜひどうぞ。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2009年10月 4日 12:22 発信 (管理者より)

自然薯、緑のトンネルに。

jinenjyo300.jpgなんだか、吸い込まれそう・・・。

これ、何だと思います?


正解は、自然薯(じねんじょ)の緑の葉のトンネルです。

そう、とろろ汁とか、とろろ飯で食べるあれです。

栄養があって、美味しいですよね。

場所は、静岡県にある奥山高原。

浜名湖から少し北に入った高原です。


この自然薯の青々としてる葉や茎が枯れると、収穫時期となります。

今、収穫しちゃうと、アクがあったり、粘りが少なかったり、とにかく味が落ちてしまうんだそうです。

収穫がちょっと待ち遠しいですね。


尚、セレクトフードでは、今年も奥山高原の自然薯を発売予定です。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2008年12月 2日 23:22 発信 (管理者より)

純米大吟醸を使ったわさび漬けって?

wasabiduke-001.jpg
この写真をみて感想をいうとしたら・・・

なんだかわからないですよね。


これ、伊豆天城の本わさびと、酒粕を混ぜてるところです。
練りあがると「特撰 わさび漬け」のできあがり。

実は、わさびの匠に、ブログに書くネタなにかある?って聞いたら、さっそく送ってきてくれました。

この匠の作るわさび漬け、

ちょっと素材が違います。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2008年11月 4日 21:30 発信 (管理者より)

これは自然薯の道具。でも、どうやって使うの?

jinenjyo-burasi1.jpgプチプチの上に置かれた、なんの変哲のないブラシ。

このブラシが自然薯収穫のときに使う道具だと言われても・・・。

どうやって使うのかわかりますか?

使うと便利なんですよ。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2008年10月31日 17:15 発信 (管理者より)

どうです?この奥山高原の自然薯(じねんじょ)

jinenjyo2.jpg大きくなったでしょ。

この春植えた、クリーン栽培の自然薯が、やっと収穫の時期を迎えました。

ここ静岡県浜松市の奥山高原では、11月から、来年の2月にかけて、自然薯を収穫します。

作柄は、まずまず。
去年の2倍くらいの収穫になりそうだとか。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2008年10月 6日 10:31 発信 (管理者より)

そろそろかな?

奥山高原自然薯1.jpgこれ、何にみえます?

実はこれ、自然薯(じねんじょ)の栽培風景です。
そうです。山に生えてる山いも。

秋の味覚といえば、いろいろありますが、自然薯の収穫もこれからです。

と言うことで、
浜名湖の奥にある奥山高原に行って来ました。

| コメント(0) | トラックバック(0)